6/29第二作小説「千に咲く」水月あす薫(みずきあすか)
詳細はリンクしている「ルナーズファウンテン」でどうぞ。
 
<< 告白 | main | 美少年の 哀 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.03.17 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
サトー家の人々
JUGEMテーマ:短編小説
 
『愛の糸』 初めから読まれる方は こちらから



家の固定電話が 鳴り 私は受話器をとる。



「サトーだげど」



「佐藤さん? どちらの佐藤さんですか?」



「んだがら、お宅の長男に子供 生まれたべ?その相手の・・・」



「え?」



私は 振り返って 子供の相手をしている 長男を見る。



「あの・・・おとうさま ですか?」



「そんな たいそうなもんじゃねぇ。子供、男の子だべ」



「はい、そうですが・・・。」




長男が突然女性を連れて帰って来たのは つい数日前。



仕事は?と いう疑問の前に その女は?と聞くのは 親として当然と 思ったが・・・


女は彼女には違いないが 入籍したかどうかは さだかではなく 嫁と言ってよいのか?



だが 夜は息子の部屋だった所で 二人で寝ている。



それより何より・・・お腹が大きくなっているのは 太ったからか?




「あの、佐藤さん。いつの間にか 出産してたみたいで」



「あ? サトーだ。 出産?いんだ、いんだ。こっちは それが普通だから。」



普通って・・・・



「もともと 男しか生まれない一族だが 娘は突然変異でな。

でも いい男 見つけて また 男 うまれだがら いんだ。」



「は・・・はぁ・・・。」



何か、一本抜けているような会話。第一 この佐藤という男は 彼女の父親か?



「もう、歩いでっぺ。」



まさか 歩くなんて 生まれたのは ついこの間



「あ・・・・歩いて・・・・ます。」



私は 眼を疑った。



赤ん坊だったはずの男の子 私の孫であるはずの男の子は



・・・歩いている。



「元気なら いんだ。」



「あ・・・あの・・・」



私は混乱しながら 大切なことを思い出した。



そう、この男の子 私の孫が生まれた後に 長男の連れてきた娘は消えていた。



「あの 娘さんですけど」



「娘 あぁ こっちに帰って来てる。あと二人も 男 見つけて よぐ出来た娘だ。」



「あと二人?」



もう 浮気?



「あんたんとこ 男 三兄弟だってな。あと二人も 帰ってるっぺ。」



え?次男と三男は 長男同様 家を出て 一人暮らし している。



次男は長男同様 社会人、三男は大学生。



そんな 仕事や学校があるのに 帰ってるわけ・・・



「あ〜〜あ、子供と遊ぶ声 電話越しにも 聞こえるなぁ。」



嘘!?




・・・・次男と 三男が    長男の息子と 遊んでる。



わ・・・私の孫・・・だよね?



なんで もう 走ってるの???



「おれら一族は 成長が早いんだ。」



早すぎる〜〜〜〜!!!!



「まぁ 迎えに行くまで よろしくな。あぁ 新しい仲間が増えて 良がった。」




電話は 切れた。



佐藤・・・いや サトー一族。



彼らは 何者なんだ。



この男の子の孫も 三人の息子たちも 皆 彼らの仲間になる・・・。







サトー一族は 男しか生まれず 男しか繁殖しない。


しかし これでは 血族間だけの交配となり 問題が起きる。



そのため 突然変異で まれに 女が生まれる。


女は新しい仲間を 連れてきて また男を繁殖させる。


時には その新しい仲間に兄弟がいれば すべて仲間になる可能性が高い。




見た目 人類と変わらぬ彼らの 特異な特徴は


男しか生まれぬため 男が出産するということ。



当然変異の女は 新しい仲間となる男を妊娠させて


男の子を産ませて 仲間にする。








長男が帰って来た時に 彼の異様に大きかったお腹



帰って間もなくの 出産。



いや、一晩寝て 起きたら 生まれていた赤ん坊。


そして たった数日で 歩き走り 笑う。



長男も 次男も 三男も サトー一族に 見入られたのか。




サトー一族って 何だ?



私は受話器を持ったまま 受け入れられない現実の中 狂気の世界の入り口を ノックしようとしていた。



                        終わり



2010年平成22年5月10日(月) by あすか



新作です。

読んでくださって ありがとうございましたm(u_u)m


SFか はたまたショートショートか 愛のポチをドキドキ

【2010.05.25 Tuesday 22:55】 author : sirius08
| ちょっとSF | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
【2017.03.17 Friday 22:55】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
なかなか新鮮な展開でぃす。
「つづく」じゃないのが さみしい!!

この先の展開は私の妄想劇場で・・・・(。-∀-)ニヒッ
| ちさやん | 2010/05/26 6:09 PM |
ちさやんさん
ありがとうございます。

いやぁ〜〜〜
それほどでもぉ〜〜
(クレヨンしんちゃん風)

えへ(^^ゞ
| シリウス | 2010/06/02 12:14 AM |
コメントする